池袋じゅん歯科・矯正
ホーム 医院紹介 診療案内 診療の流れ 料金表 よくあるご質問 リンク集 サイトマップ
 

ホーム >> 院長ブログ

       
無料メール相談
新着記事
カテゴリー
審美・美容歯科
ホワイトニング
矯正歯科
インプラント
無痛治療
一般歯科
歯周病
親知らず
予防歯科
予防歯科
保証と実績
かんたん予約
無料カウンセリング
月休診日カレンダー
月休診日カレンダー
●申し訳ありませんが赤丸の日はお休みしております。

カテゴリ: 治療方法

インプラントのメインテナンス!

インプラントはチタンという金属でできているので、虫歯になることは
ありません。
しかし、歯周病のようにインプラントの周囲の骨が、吸収することが
あります。
これは、日頃のブラッシングなどのお手入れが行き届かなかったり、
また、かみ合わせの微妙な変化により、インプラントに好ましくない
負荷がかかることが大きな原因になっていることが考えられます。

これらのチェックをするために定期健診が必要なわけです。

そもそも、インプラントと天然歯(ご自分の歯)は直径が違います。
特に奥歯は、天然歯に比べてインプラントのほうがかなり細く、
歯を作ったときに、歯と歯の間や、歯と歯茎の境目に食べ物が
詰まり易い構造となります。
このために、通常の歯ブラシのほかに歯間ブラシやワンタフトブラシなどの
補助的な刷掃器具が必要になることがしばしばあります。

多くのインプラントの治療を受けられた患者さんを拝見すると、
歯と歯の間(インプラントとインプラントの間)に磨き残しが
でき易い傾向があるようですので、特にこの部分のお手入れを
重点的にする必要があると思います。

ブラッシングの仕方も、個々人で癖のようなものがあり、
時間をかけて磨いていても、案外いつも同じところが
磨き残しができてしまうものです。
定期的な検診は、ブラッシングの仕方が自己流になっていないか
などのチェックのためにも大切なのです。

 カテゴリ:インプラント, ブラッシング, 予防歯科, 歯周病, 治療方法 and tagged ,

インプラントがダメになるのはなぜか?

インプラントがダメになる原因には、たくさんの要因があります。

①噛み合わせ
②ぺリインプランタイティス(インプラント周囲炎)
③歯冠歯根比(歯とインプラントの長さのバランス)が悪い
④埋入部位、埋入本数などの設計が不適切
⑤骨の条件が悪い(幅や深さ、硬さなど)
⑥歯ぎしりや食いしばり等のブラキシズム
⑦術者の技術
これらが単独、あるいは複合的に絡み合ってダメになることがあります。

インプラントの噛み合せは、天然歯の噛み合せよりもシビアで、
より精密な調整が必要になります。
噛み合せは、ある程度変化するものですので、定期的なチェックが重要になります。

インプラント自体はチタンでできていますので、虫歯になることはありませんが、
ブラッシングなどのメインテナンスが悪いと、ペリインプランタイティスといって
歯周病のようにインプラントの周りの骨が溶けてくることがあります。

また、インプラントをするにあったっての設計や治療計画に無理があったり、
骨の状態が良くない場合でも、やはりインプラントがダメになることがあります。

いずれにしても、定期的なメインテナンスが重要であることはいうまでもありませんので、
悪いところが無くても検診に通われることが必要だと思います。

 カテゴリ:インプラント, 治療方法 and tagged

インプラントの年齢制限は?

インプラント治療には年齢制限はあるのでしょうか。

インプラントは歯槽骨の中に埋入することによって骨と直接結合するため、
まだ骨格が大きく変わる成長期前の方には適していないと思われます。

男性では17~18歳、女性では16歳前後で身長の伸びもほぼ止まり、
この後は大幅な骨格の成長はないと考えられます。

したがって18歳以降であれば問題は無いかと思いますが
個人的には、インプラントをする場合、インフォームドコンセントを
十分におこなうために、20歳になってからのほうがよいかと考えています。

年齢の上限に関しては、全身的に問題がないかぎり特にないと考えています。
重度の糖尿病や高血圧、血液疾患、腎臓・肝臓・心臓などに重篤な疾患があるときは、
インプラントが難しい場合もあります。
詳しくは担当の先生に相談されてみるといいでしょう。

 カテゴリ:インプラント, 治療方法 and tagged ,

インプラント治療:1回法と2回法

インプラントには1回法と2回法というのがあります。

これは基本的には手術の回数を表しています。
1回法は手術が1回、2回法は手術が2回必要ということになります。

1回法は、フィクスチャーを骨の中に入れると同時にインプラント頭部が歯茎の外(お口の中)に
出ている状態になります。このようにすることによって、手術の回数を減らすことができるので,
患者さんの肉体的・精神的負担を軽くすることができます。
インプラントには骨と結合するまで安静期間が必要ですが、1回法では最初からインプラントの
キャップが出ていますので、この安静期間中に食事や舌などで力がかかったり、バクテリアに
感染したりして骨と結合しないリスクが少しだけ増えます。
また、入れ歯はインプラントに直接力がかかってしまうので入れられません。

2回法は、フィクスチャーを骨の中に入れてキャップをして、歯茎を完全に縫い合わせて
インプラントを歯茎の中に埋めてしまう方法です。
この方法は安静期間にインプラントに余分な力が加わるのを防いだり
お口の中にいるバクテリアの感染を少なくすることができます。
また前歯など審美性が要求されるところに適しているといえます。
しかし少なくとも2回の手術をしなければなりません。

 カテゴリ:インプラント, 治療方法 and tagged ,



ホーム | 医院紹介 | 診療案内 | 診療の流れ | 価格表 | よくあるご質問 | リンク集 | サイトマップ 
無痛治療 | 完全無痛麻酔| 歯の漂白 | ホームホワイトニング | オフィスホワイトニング | 歯茎の漂白 |
| ラミネートベニア | セラミッククラウン | セラミックインレー
精密審美歯科 | 金属アレルギー | 差し歯 | クイック矯正 | ワイヤー矯正 | 池袋インプラントセンター | 予防プログラム | 歯槽膿漏 | 口臭 



池袋じゅん歯科
[お問い合わせは]
じゅん歯科
診療時間: 月~木曜・土曜
AM10:00~PM1:00
PM 2:00~PM7:00
最終受付はPM6:00
住所: 〒170-0013
東京都豊島区東池袋2-62-9
サンハイツ東池袋2F
アクセス: 当院は池袋駅東出口を背に、左へ、
明治通り沿いの歯科医院です。

池袋駅東口を出て左折していただき、パルコやビックカメラ本館・ヤマダ電機LAVIの前を通り、そのまま明治通り沿いを5分程歩いていただきますと、「六ッ又交差点」という上に首都高速の通っている大きな交差点にぶつかります。
道なりに明治通りを渡っていただいた3件目のビルの2階です。
TEL: 03-5950-8877
カウンセリング
予約ダイアル:
0120-469-465
Mail: jun8877@sea.plala.or.jp
じゅん歯科

池袋じゅん歯科地図
  クリックすると拡大します
モバイルサイト

池袋の審美歯科・ホワイトニング・インプラントがメインの歯科クリニック
【じゅん歯科-無痛治療・短期集中治療・予防・メンテナンスの歯医者-】

携帯電話で右のQRコードを読み取ってアクセスして下さい。



Copyright(C)2004~2012 Jun Dental Clinic. All Rights Reserved.