池袋じゅん歯科・矯正
ホーム 医院紹介 診療案内 診療の流れ 料金表 よくあるご質問 リンク集 サイトマップ
 

ホーム >> 院長ブログ

       
無料メール相談
新着記事
カテゴリー
審美・美容歯科
ホワイトニング
矯正歯科
インプラント
無痛治療
一般歯科
歯周病
親知らず
予防歯科
予防歯科
保証と実績
かんたん予約
無料カウンセリング
月休診日カレンダー
月休診日カレンダー
●申し訳ありませんが赤丸の日はお休みしております。

カテゴリ: 審美歯科

ホワイトニングとセラミックで 池袋 じゅん歯科 歯医者

 こちらの患者さまは、前歯の変色を気にされて来院しました。

以前、虫歯で歯の神経の治療をされていました。その結果、歯の色が少しずつ変わってきました。

歯の神経を治療したことで変色してしまった時は、通常のホワイトニングでは白くなりにくいのです。ですが、歯の中からホワイトニングを行う方法(ウォーキングブリーチ法)もあります。

今回は、歯並びも少し変えたいとの希望もありましたのでホワイトニングを行い、セラミックでの補綴治療を行いました。

まずは、前歯の2本の形を決めるために、仮歯を使用しで形を決めます。

他の部分に関しては、セラミックの治療は行わず、ホワイトニングのみの治療としました。

虫歯の治療が行われていた訳ではないので、ホワイトニングだけでも他の部分は、十分に白くなりました。

セラミックとの色合わせもキレイに合わせることができ、形のバランスも上手くとれたと思います。

インプラント審美歯科ホワイトニング矯正歯科豊島区、池袋じゅん歯科 歯医者

 カテゴリ:ウォーキングブリーチ, ホワイトニング, 審美歯科 and tagged , , ,

歯並びを治したい 池袋 じゅん歯科 歯医者

 こちらの患者さまは、前歯の歯並びを気にされていました。

上の2番目の歯が内側に入っていて上手く、右左に顎を動かすことが出来ないでいました。

また、虫歯があったりセラミックで被せてあったり、治療が必要なところは、少なくありませんでした。
上下の前歯のバランスを合わせるために広い範囲での治療となりました。犬歯から犬歯です。

噛み合せも再構築出来ましたので、顎の動きもスムーズになりました。もちろん、虫歯を治してから型どりしましたし、黒ずんだ差し歯も新しくキレイにすることが出来ました。

セラミックを用いて補綴を行うようにし、白い歯を希望していたので、かなり白くして色を決めました。

歯並びを治しただけではなく、色も変えることが出来たので患者さまも満足されていました。

インプラント審美歯科ホワイトニング矯正歯科豊島区、池袋じゅん歯科 歯医者

 カテゴリ:セラミック治療, 審美歯科 and tagged , ,

神経をとった歯をセラミックで治療 池袋 じゅん歯科 歯医者

 こちらの患者さまは、前歯の変色を気にされて来院されました。

上の左の前歯が1本だけ、神経の治療を行ったことで色が変色していました。

他の部分で治療が必要な部位はありませんでした。噛み合せも安定していましたので、噛み合せの調整は必要ありませんでした。

全体的に透明感があり均一な色調でしたので、色を合わせるのも問題なく行うことが出来ました。

形も整っていましたので、キレイに合わせることが出来ました。

1本だけの治療でしたので短期間で終了することが出来、患者さまも満足されたようでした。

インプラント審美歯科ホワイトニング矯正歯科豊島区、池袋じゅん歯科 歯医者

 カテゴリ:セラミック治療, 審美歯科, 神経をとった歯, 神経治療, 虫歯治療 and tagged , , ,

小さい歯をオールセラミックで 池袋 じゅん歯科 歯医者

 こちらの患者さまは、上の左右2番目の歯が小さいのを気にして来院されました。

こちらの患者さまは、周りの歯と比べると一回り小さな歯をしていました。矮小歯といい、特に、2番目の歯が小さく生えてくることがあります。

大きく問題があるわけではありませんが、横の歯の間にすき間が出来たり、真ん中の歯がすごく大きく見えてしまったりと、審美的な面では改善することも必要です。
今回は、真ん中の大きな前歯が、透明感のあるキレイな白い歯でしたので、オールセラミックを使用して透明感のある歯に仕上げようと考えました。

周りの歯に合わせて、歯の長さや形を作製しました。

真ん中の歯と形を似せて作製し、歯肉の位置は整っていましたので変えていません。歯の長さは少し長くして、前歯と糸切り歯との間ぐらいにしました。

ホワイトニングを行い全体的な色調を白くして、色を決めてもらいオールセラミックの色を決めました。

オールセラミックを使用することで透明感も近似し、調和の取れた歯列になりました。

形を変えるだけで、印象はかなり変わると思いますが、色調としても統一感が取れたのでキレイに仕上がり、患者さまも満足されていました。

インプラント審美歯科ホワイトニング矯正歯科豊島区、池袋じゅん歯科 歯医者

 カテゴリ:セラミック治療, ホワイトニング, 審美歯科 and tagged , ,

小さい歯をセラミックで治しました 池袋 じゅん歯科 歯医者

 こちらの患者さまは、前歯の歯並びを気にして来院されました。

左の前歯は歯肉の位置が下にあり、歯の長さが短くなっていました。神経の治療を行っていたので色も濃くなっていました。歯の向きも少し斜めになっています。

右の歯は、下の歯との噛み合せが反対になっていました。
セラミックでの治療を行うようにしまいした。

左の部分は、2番目の歯を少し小さくしてバランスを取りました。前歯の反対の歯は、形態修正で対応することにしました。

右側では、噛み合せを修正するために、上と下とで治療をおこないました。

セラミックの治療でバランスを取り、歯並びに連続性を再現することが出来ました。

インプラント審美歯科ホワイトニング矯正歯科豊島区、池袋じゅん歯科 歯医者

 カテゴリ:セラミック治療, 噛み合わせ, 審美歯科, 歯並び and tagged , ,

バランスの取れた歯の大きさ 池袋 じゅん歯科 歯医者

 こちらの患者さまは、前歯の大きさを気にされて来院されました。

左上の2本目の歯が欠損しており、隣の歯に接着させダミーの歯を入れていました。しかし、周りの歯に比べてスペースが少なく小さい歯になっています。

同じ大きさの歯を入れるには、まずスペースが必要になります。

矯正治療を行い、周りの歯を動かしてスペースを確保する方法。もしくは、周りの歯を小さくすることで、スペースを確保する方法のどちらかになります。

こちらの患者さまは、セラミックで歯の大きさを変えて治療する方法を選択しました。

大きさを変えると言っても、隣の歯との大きさだけを合わせても、反対の歯との大きさに差が出てしまうとバランスが取れません。ですから、反対の歯も同じように大きさを変えていくことにしました。

右側の大きい前歯が少し大きかったので、バランスを取るのは難しくありませんでした。

上の前歯4本もしくは6本の歯並びは、審美性を考慮するととても重要な場所です。バランスの取れた歯の大きさに揃えることで、キレイな仕上がりになります。

インプラント審美歯科ホワイトニング矯正歯科豊島区、池袋じゅん歯科 歯医者

 カテゴリ:セラミック治療, 審美歯科 and tagged ,

オールセラミックでの被せ直し 池袋 じゅん歯科 歯医者

 こちらの患者さまは、前歯の補綴を希望されていました。

多少の虫歯はありましたが、形も左右のバランスが取れていて、自然な感じでしたが、雰囲気を変えたいとのことでオールセラミックで被せ直しをしました。

形も自然な感じより人工的な感じを希望しており、全体的に同じ様な形になるように作製しました。

自然な雰囲気を出すときは少しだけ差を付けたり、不均一に作製すると良いのですが、人工的なキッチリした雰囲気を望んでいました。

もちろん、色も、自然では出ないような白さを望んでいました。私たちが使用する色の中でも1番白い色を使用しました。

多数歯で作製したので、調和の取れたキレイな歯並びになりました。

作製したオールセラミックは人工的な感じを出すようにしましたが、お顔の表情と非常に合っていてむしろ自然な感じに思われました。

インプラント審美歯科ホワイトニング矯正歯科豊島区、池袋じゅん歯科 歯医者

 カテゴリ:セラミック治療, 前歯の補綴, 審美歯科 and tagged ,

セラミックの被せ直し 池袋 じゅん歯科 歯医者

 こちらの患者さまは、右側の前歯の部分で歯肉の境目が変色しているのを気にしていました。

セラミックでの被せる治療をしていましたが、土台の歯の色が変わってしまったのか、歯と歯肉の境目が黒くなっていました。

歯肉の退縮は、反対の歯と比べるとそれほど強くはありませんので、セラミックを被せるときに形成を浅く設定したのかも知れません。
また、セラミッククラウンの中でも、メタルボンドクラウンという内側に金属を使用して、強度を保つ方法があります。従来からある方法ですが、境目が黒くなってしまうこともあります。

最近では、前歯の治療の場合において、オールセラミックを用いた方法が主流と言えます。

こちらの患者さまも、もちろんオールセラミックを用いてセラミックの被せ直しを行いました。

土台の歯が見えないようにするために、歯肉ギリギリまでの形成を行いました。それにより、歯肉の色も黒い部分が透けていたのがなくなり、色が戻りました。

インプラント審美歯科ホワイトニング矯正歯科豊島区、池袋じゅん歯科 歯医者 0120-469-465

 カテゴリ:審美歯科, 差し歯のやり直し and tagged ,

前歯をキレイに 池袋 じゅん歯科 歯医者

 こちらの患者さまは、被せてある前歯を治したいと来院されました。

前歯の被せてある部分が欠けてしまい、日常生活にお困りの様子でした。他にも虫歯があったり、被せ物が合っていなかったりと、治療が必要な箇所がありました。
前歯を含めて見える範囲の治療を希望され、セラミックでの治療を行いました。

歯の色を非常に重要視されており、最も白い色を選択されました。

長い間、歯科治療を受けていなかったようで、奥歯も噛めない状態でした。

前歯を守るためには、奥歯でしっかり噛めるということが非常に重要で、前歯だけでは負担を支えきれません。

今は、義歯を使用してもらっていますが、前歯を守る意味でも、いずれはインプラントの治療を行うことをお勧めしました。

インプラント・審美歯科・ホワイトニング・矯正歯科の豊島区、池袋じゅん歯科 歯医者 0120-469-465

 カテゴリ:前歯の補綴, 審美歯科 and tagged

保険の前歯をオールセラミックへ 池袋 じゅん歯科 歯医者

 こちらの患者さまは、前歯の治療を希望されていました。

真ん中の2本の前歯は、保険のレジン(プラスチックの樹脂)で作製された歯が装着してありました。色が周囲と合っていない事も気にされており、その歯をセラミックで治療したいとのことでした。

セラミックを使用することで、周囲と調和の取れた色調に仕上げることが出来ます。周囲の歯も合わせ易い色でしたので時間が掛かることもありませんでした。

歯肉のラインが、隣の歯と比べて下方に位置しており歯肉の連続性を無くしていました。

歯肉のラインを揃えることで見た目の違和感がなくなり、ブラッシングが行いやすくなります。前歯の歯肉の連続性を得るために、歯肉の位置を上の方になるように治療を行いました。

歯の形をそのまま上に移動すれば歯肉のラインも歯の先端の位置も連続性が得られます。

また、歯と歯の隙間は、セラミックの形を調整して隙間が少なくなるようにしました。隙間を無くすことで汚れが溜まり難くなり、ブラッシングがしやすくなりました。

インプラント・審美歯科・ホワイトニング・矯正歯科の豊島区、池袋じゅん歯科 歯医者 0120-469-465

 カテゴリ:セラミック治療, 前歯の補綴, 審美歯科 and tagged ,



ホーム | 医院紹介 | 診療案内 | 診療の流れ | 価格表 | よくあるご質問 | リンク集 | サイトマップ 
無痛治療 | 完全無痛麻酔| 歯の漂白 | ホームホワイトニング | オフィスホワイトニング | 歯茎の漂白 |
| ラミネートベニア | セラミッククラウン | セラミックインレー
精密審美歯科 | 金属アレルギー | 差し歯 | クイック矯正 | ワイヤー矯正 | 池袋インプラントセンター | 予防プログラム | 歯槽膿漏 | 口臭 



池袋じゅん歯科
[お問い合わせは]
じゅん歯科
診療時間: 月~木曜・土曜
AM10:00~PM1:00
PM 2:00~PM7:00
最終受付はPM6:00
住所: 〒170-0013
東京都豊島区東池袋2-62-9
サンハイツ東池袋2F
アクセス: 当院は池袋駅東出口を背に、左へ、
明治通り沿いの歯科医院です。

池袋駅東口を出て左折していただき、パルコやビックカメラ本館・ヤマダ電機LAVIの前を通り、そのまま明治通り沿いを5分程歩いていただきますと、「六ッ又交差点」という上に首都高速の通っている大きな交差点にぶつかります。
道なりに明治通りを渡っていただいた3件目のビルの2階です。
TEL: 03-5950-8877
カウンセリング
予約ダイアル:
0120-469-465
Mail: jun8877@sea.plala.or.jp
じゅん歯科

池袋じゅん歯科地図
  クリックすると拡大します
モバイルサイト

池袋の審美歯科・ホワイトニング・インプラントがメインの歯科クリニック
【じゅん歯科-無痛治療・短期集中治療・予防・メンテナンスの歯医者-】

携帯電話で右のQRコードを読み取ってアクセスして下さい。



Copyright(C)2004~2012 Jun Dental Clinic. All Rights Reserved.